看護部紹介

看護部長挨拶

 当院は昭和54年に開設以来、高齢化社会の到来に対応すべく一貫して高齢者医療に携わって参りました。中規模の慢性期病院として高齢者の患者様が安心して医療サービスが継続できるよう、近隣の急性期病院と連携を密にして地域医療、福祉への貢献を目指しております。長期医療が必要となった患者様のニーズに合わせた個別のある看護介護の提供、真摯な態度で患者様の安全を考えたケアが提供できるよう努力をしております。
 平成25年10月1日。職員が待ち焦がれた新築棟が完成し東新潟病院は新たな一歩を踏み出しました。今後も更なる医療、福祉の向上に寄与すべく信頼される医療の提供を行って参ります。超高齢化社会の真っただ中になる今日。看護の心を忘れず、人間味のある暖かい心と笑顔を忘れず職員一同頑張っています。
 当院は国道49号線姥ヶ山インターすぐ脇に位置し通勤には非常に便利です、スタジアムや大規模スーパーが隣接するなど活気ある環境に立地していますので退社後の時間が有効に利用できると考えます。慢性期病院なので2交替制勤務を実施しております。時間外勤務が少なく、子育てと仕事の両立がしやすい。との意見が多く職業人として長く活躍できる職場と思っています。患者さんに笑顔で優しく対応できる看護師をお待ちしております。

看護部長 桑原明美

看護部理念

・ゆとりの心でゆとりの看護実践を目指します
・笑顔で「入院してよかった」と思われる看護の実現を目指します

看護部基本方針

1.患者様のニーズに合わせた個別性のある看護・介護を提供する
2.安心・安全な療養生活が送れるよう責任ある看護・介護を提供する
3.専門職として知識、技術の研鑽に励む

教育方針

職業人として常に考え行動がとれる看護、介護職員の育成を図る

・院外教育、研修は主体的な参加を支援
・中途採用者の多い病院として入職者が気おくれせず相談ができるようにプリセプターシステムで支援
・施設内における集合教育のほか、部署内における個別教育で指導、支援