内科、脳神経内科、外科、肛門外科、泌尿器科
025-286-8811
歯科
025-286-6222

診療科紹介

キャッチ

内科

内科外来では地域の方々の糖尿病や高血圧症等の一般的な疾患や特定健診を診療しています。入院病棟では急性期病院から転入院してこられた種々の急性期後の方々や慢性期疾患を有する又それに感染症など合併した方々等の診療をしております。高齢の方が多く、複数の疾病を併せもたれている方が殆どで、その上制度上で障がい者施設等の施設基準や医療区分、介護度等の当院の制約の中で患者様やご家族の皆様のお気持ちを大切にして診療しております。

診療対象となる主な症状

脳神経内科

脳神経内科は「脳、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋肉の病気」が専門の科です。
精神科、神経科、心療内科とは全く違う科です。心の病気は扱いません。かかりつけ医で脳神経内科への受診を勧められた方は、かかりつけ医の診療情報提供書を持参して受診して下さい。

診療対象となる主な症状

外科、肛門外科

令和2年10月から肛門疾患を主体とした外科外来を開始しました。

外傷処置、他院で行われた外科術後処置の管理、術後の定期的外来経過観察および肛門疾患の診断・治療などが対象となります。

肛門疾患というと下血は代表的な症状です。下血とは一般にお尻から血液が排泄されることです。

痛みを伴う出血がある(ペーパーに血が付く程度)場合は、外痔核や裂孔、初期の内痔核などが疑われます。新鮮な血が排便時にぽたぽた落ちる、またはピューッと出血する場合は、痔(内痔核)の可能性が高いのですが、直腸ポリープや肛門がんの可能性もあります。

便に血が交じるとか、便の回りに血が付く(血便)場合は、大腸ポリープ、大腸がんなどが疑われます。ヌルっとした粘液を含んだ血が混じる(粘血便)場合は、潰瘍性大腸炎、直腸炎などが疑われます。

日本人の3人に一人が痔持ちですが、下血があった際、「痔だろう」と決めつけるのは大変危険なことで、その原因は多岐にわたります。下血があったら速やかに診察を受けましょう。

泌尿器科

泌尿器科は腎臓・尿管・膀胱・尿道・陰茎・精巣・精巣上体・前立腺の疾患を取り扱う科です。
尿は毎日排泄されるので異常があるとすぐ判ります。なかでも、一番不安と恐怖を与えるのは肉眼的血尿です。背景には泌尿器科の重大な疾患が潜んでいることが多い。次いで排尿困難、頻尿、排尿痛、尿もれです。心配し悩むのですが、すぐ泌尿器科を受診する人はすくないようです。尿の異常に気付いたら心配せず、恥ずかしがらずに相談だけでもよいので来院して下さい。(秘密厳守)

診療対象となる主な症状

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション科には、理学療法士、作業療法士、言語療法士のスタッフがおり、医師や看護師、介護士、医療相談員等と連携しながら、患者様のリハビリテーションをサポートしています。

回復期~慢性期のリハビリテーションを主体に対応しており、寝たきり状態にある方でも、QOL(生活の質)向上のため、褥瘡(床ずれ)予防を中心に取り組んでいます。

その他にも、ベッドより離れてリハビリ室にて訓練をする時間や、暖かい季節には、病院近郊の商業施設や公園などに、院外訓練として出掛ける時間を設け、環境から入る刺激にも配慮しながら、病状にあわせて取り組んでいます。

患者様一人ひとりの病状に応じて、ご家族のご意向も取り入れながら、患者様の入院生活が快適で、穏やかに過ごしていただけるように、お手伝いしていきます。

対象となる方

施設基準

歯科

歯科の2大疾患である、歯周病、う蝕(虫歯)は、細菌感染による病気です。口腔環境を改善して細菌の少ない口腔内を実現できるように、来院患者様とともに治療に取り組んでいます。歯の喪失を予防するために効果的な、治療終了後の定期的なメンテナンスをお勧めしています。また脳血管障害等でセルフケアーが困難な方の口腔ケアーも行っています。

診療対象となる主な症状